睡眠に悩んでいる方のためのサイト

潤睡ハーブの効果を分析!【口コミ・評判】

IMG_1435

潤睡ハーブの特徴

潤睡ハーブは株式会社フロムココロより販売されている”休息サプリ”です。理学療法士の資格を持ち病院や施設でリハビリを行っていた折戸昇さん(会社代表)により開発されたサプリメントです。健康の源は人生の約3分の1を占めている睡眠にあると考え、少しでも多くの人の健康をサポートしたいという想いから潤睡ハーブの開発に至ったようです。

潤睡ハーブの基本情報

メーカー ㈱フロムココロ
商品名 潤睡ハーブ
参考価格 5,980円(税込み)
内容量 90粒
服用目安 1日3粒
1日当たり 約200円

潤睡ハーブは「イライラ」と「冷え」を解消させることによって休息をサポートするのが大きな特徴です。中々夜に寝付けない方はストレスによって交感神経と副交感神経の乱れによって夜になってもリラックスする状態に体を持っていくことが出来ず、結果的に入眠障害という中々寝付けない不眠に陥ってしまうことが多いのです。また、冷えもイライラ同様に入眠を阻害してしまいます。私たちの体は体の奥の温度である深部体温を下げることによって深い眠りへと入っていきます。しかし、冷えによって手足の血管が収縮してしまっていると、上手く体内の熱を外に逃がすことが出来ず、深部体温が下がりにくくなるために、結果的に寝付けなかったり、睡眠の質が落ちてしまいます。

このように「イライラ」と「冷え」は不眠の大きな原因となります。特に現代のストレス社会においてはストレスやイライラを感じないようにするのは難しく、いかにストレスやイライラを解消させるかが重要になってきます。また、冷えに悩む人も多く、特に女性の場合は冷えが睡眠不足の大きな原因になっています。さらに、冷えは女性ではなく男性の場合にも不眠の原因になりますので、男女ともに冷えの改善も大切になってきます。

潤睡ハーブでは夜になっても中々寝付けない、睡眠が浅くてグッスリ眠れないなど睡眠の質を下げる「イライラ」と「冷え」を解消することによって”よりよい休息”をサポートしてくれる商品になっています。

また、潤睡ハーブは植物由来で作られているという点も大きな特徴です。少しでも体への害や副作用といった心配が無いように、無駄な人工添加物はつかなわず、植物由来の安全な素材を使うようにしています。そのため、毎日摂ることが大切なサプリメントとしては有りがたい商品設計になっています。

潤睡ハーブの有効成分

メラトニン成分 クロレラ
リラックス成分 ギャバ
深部体温成分 金時しょうが
疲労回復成分 クロレラ
クロレラ

睡眠を改善するためにはメラトニンの分泌を増やすことが大切です。メラトニンは睡眠ホルモンとも言われ、夜になると分泌量が増える内分泌ホルモンです。このメラトニンが多く分泌されることで、体が休息モードへと切り替わっていく訳ですが、不眠に悩む方は夜のメラトニンの分泌量が少なく、なかなか体が休息モードへと切り替わっていかないことが大きな原因となっています。

メラトニンはトリプトファンという必須アミノ酸の一種が原料になります。そのため、トリプトファンを摂取することがメラトニンの分泌量を増やす事に繋がります。潤睡ハーブではメラトニンの原料となるトリプトファン源としてクロレラを配合しています。

アミノ酸は単にどれか一つを摂ってもあまり効果がありません。どれか一つのアミノ酸を摂っただけでは、そのアミノ酸の効果は大きく半減してしまいます。アミノ酸の効果を最大源引き立たせるためには、アミノ酸をバランス良く摂取することが必要になります。潤睡ハーブはなぜクロレラを使っているのか。それは、クロレラが必須アミノ酸9種類を全て含んでいる良質なアミノ酸の供給源だからです。クロレラはアミノ酸の含有量が多い事で知られるしじみよりも多くのアミノ酸を含有している素材です。そのため、アミノ酸本来の効果を実感しやすくなっています。

さらに、トリプトファンがメラトニンに変換されるためにはビタミンB6が重要な栄養素になります。また、そのほかにもイライラ解消や睡眠の改善にもビタミンB群が重要になってきます。クロレラは必須アミノ酸が豊富なだけではなく、ビタミンとミネラル、食物繊維といった栄養素がたっぷり詰まった良質な栄養源となっています。そのため、睡眠改善のための素材としては非常に優秀です。

ギャバ

潤睡ハーブは睡眠改善のための方法として「イライラ」を解消させることを重要視しています。イライラは入眠前に交感神経が高ぶって、体が休息モードへと切り替わっていく障害となります。ストレスが多く、眠る前に頭の中で色々な事が頭をよぎってしまう方ほど入眠障害に陥りやすいです。それほどイライラは入眠の妨げになります。潤睡ハーブでは、その入眠の妨げとなるイライラを解消させるためにギャバを配合しています。

ギャバはガンマーミノ酪酸と呼ばれるアミノ酸の一種で、発芽玄米に多く含まれる休息サポート成分です。ギャバは神経の高ぶりを抑え、興奮状態を抑える役割があります。そのためイライラによって神経が高ぶって興奮してしまって、夜になっても中々寝付けないといったトラブル解消に効果があります。

金時しょうが

睡眠の障害となるイライラ同様に冷えも睡眠の大きな障害となります。そこで潤睡ハーブではポカポカ成分として金時しょうがを配合しています。しょうがは多くの人がご存知のように血行を良くし、体をポカポカと温めてくれる働きがあります。そのため、冷え性改善のための有効成分としてしょうがが使われることが多いです。

では、なぜ冷えを改善することが睡眠改善につながるのか。それは、入眠時における深部体温の変化が大きく関係しています。私たちが眠りに入っていく仕組みにはいくつかの仕組みが関係しているのですが、その中の一つが深部体温の変化です。深部体温とは、体の表面の体温ではなく、体の奥の体温の事です。この深部体温は夜になると下がっていき、夜中に最も低くなります。私たちは深部体温が下がる事で休息の準備が始まり、深部体温が下がっていくことで深い睡眠を得られるようになります。

しかし、冷え性の方はこの深部体温がなかなか下がりにくいのです。深部体温を下げるためには、体表面の体温を一時的に上げて体の奥の熱を逃がしてあげる必要があります。しかし、冷え性の方は体表面の体温が上がりにくいために、体の奥の熱を中々逃がすことが出来ないのです。そのため、冷え性の方は深部体温が上手く下がらず、寝付けない原因になったり、グッスリ眠ることが出来ないなどのトラブルが起こります。

その冷えによる睡眠の問題を解消するために、潤睡ハーブでは血行促進、冷え改善成分として金時しょうがを配合している訳です。

潤睡ハーブで期待出来る効果

ストレスによる寝付けない問題改善

夜になっても”仕事や家庭におけるストレスが原因となって眠れない””寝る時にも考え事で気持ちが高ぶってしまい寝付きが悪い”といったストレスやイライラが原因となって寝付けない問題を解消する効果が期待出来ます。

潤睡はイライラやストレスによる神経の高ぶりを抑えてくれるギャバを配合しています。また、沖縄の人が古くから寝付きを良くするために食べてきた伝統ハーブであるクワンソウも配合しているため、ストレスやイライラによって寝付けない問題を解消してくれる事が期待出来ます。潤睡ハーブは植物由来の素材を使っている事もあり、リラックス効果が高く、ストレスやイライラによる眠りの問題を抱えている人にはピッタリな睡眠サプリになっています。

女性特有の冷えによる不眠に効果的

潤睡ハーブは体の冷えによる不眠を改善するために、金時しょうがを配合しています。そのため、冷えにより”夜になっても寝付けない””朝起きてもグッスリ眠れた感じがしない”といった寝付けない問題や睡眠の質の悪さの改善効果が期待出来ます。冷えは睡眠の質と大きく関係しています。冷えの方は入眠時に上手く体の奥の体温を下げることが出来なくなっているため、どうしても睡眠が浅くなりがちです。睡眠の深さは深部体温の下がり具体に依存しますので、冷えで深部体温を下げることが出来にくい方ほど睡眠の質が悪くなってしまいます。

また、女性だけではなく男性も冷え症に悩む方はいますし、男性の場合も女性同様に冷えによる睡眠トラブルは問題になっています。そのため、手足が冷えて夜に眠れないなどの悩むを抱えている方にも潤睡ハーブは打ってつけです。

メラトニンを増やし睡眠の質を高める

潤睡ハーブではメラトニンの原料となるトリプトファンを始め必須アミノ酸が豊富に含まれるクロレラが配合されています。アミノ酸は他のアミノ酸と一緒に摂ることによってアミノ酸本来の効果が発揮されるため、必須アミノ酸が豊富にバランス良く配合されているクロレラはアミノ酸の効果を実感するには打ってつけの素材と言えます。

メラトニンの原料となるトリプトファンはビタミンB群と一緒に摂取することで上手くメラトニンに変換されます。クロレラはビタミンも豊富に含まれるため、より効率的にメラトニンを増やすことに繋がっていきます。メラトニンは睡眠のメカニズムにおいて非常に重要な要素になりますので、トリプトファンを摂取しメラトニンの分泌量が増えれば睡眠の質の大きな向上が期待出来ます。

潤睡ハーブの口コミ・評判

潤睡ハーブを購入してみて良かったです。最初の2,3週間は全く効果が実感出来ず駄目だったかなと思ったのですが、1カ月ぐらいを境に寝付きが良くなったように思います。それから徐々に朝の目覚めも良くなり、夜になっても眠れないかもしれないといった睡眠への不安がなくなっていきました。植物由来のサプリメントのため抹茶のような匂いがあり、最初の頃はやや気になっていましたが、今ではそれも気になりません。むしろそのにおいがなんだか気持ちを落ち着かせてくれているじゃないかとも思っています。
会社の同僚がこのサプリを使ったいて良さそうだったので買ってみました。飲んですぐに寝付けるといった睡眠導入剤のような感じではなく、あくまでも飲み続けることで自然な形で寝付きや眠りの質が改善されていくような感じです。正直、最初は即効性を期待していたためややガッカリ感はあったのですが、飲み続けることで着実に効果があるように思いますので、買ってみた良かったと思います。それに、睡眠導入剤には即効性が期待できる反面、いろいろ不安な要素もあるようですので、それらを飲む前にこのサプリを試してみて良かったと思っています。
育児のストレスで眠れないことが多かったのですが、飲み始めてから寝付きが格段に良くなったようです。以前は長く眠っても朝に疲れが残っているような不快感があったのですが、最近は短い睡眠時間でも熟睡感があって朝の目覚めが良いです。主人も同じように睡眠の悩みを持っているようなので、今では主人にも飲んでもらっています。主人も睡眠の質が徐々に良くなっているようなので、潤睡ハーブには本当に感謝しています。

潤睡ハーブのまとめ

  • 睡眠メカニズムを良く理解しているサプリ
  • 睡眠改善のための成分バランスが優れている
  • 植物由来の成分のため飲み続けても安心

潤睡ハーブは睡眠のメカニズムを良く理解した成分配合になっています。睡眠を改善するためには、「メラトニンの原料を摂る事」「気持ちの高ぶりの原因となるストレスを解消する成分を摂ること」「深部体温を下げる妨げとなる冷えを改善すること」が重要になってくるのですが、潤睡ハーブはそれらに対し、しっかり対策が出来ています。

メラトニンの原料にはトリプトファンが必要ですが、そこには必須アミノ酸が豊富でビタミンも豊富なクロレラが配合されています。クロレラは必須アミノ酸を始め栄養価が高く、睡眠の質を改善してくれる成分が詰まっています。そのため、メラトニンの供給源としてクロレラを配合している潤睡ハーブは、最も重要なメラトニンの分泌の増加に大きく寄与してくれます。

さらに、ストレス改善のためには休息成分として有名なギャバを配合しています。ギャバは神経の高ぶりを抑えてくれるため、リラックス成分として有効です。冷え改善のための成分としても金時ショウガが配合されています。睡眠サプリは数多く販売されていますが、睡眠のメカニズムを良く理解し、その対策に有効な成分をバランス良く配合しているサプリは中々見当たりません。潤睡ハーブは「メラトニンの分泌を増やす成分」「イライラを解消する成分」「冷えを解消する成分」といった重要な3つの要素をクリアしている休息サプリです。そのため十分な効果が期待出来ます。

販売ページはコチラ

サイドメニュー