睡眠に悩んでいる方のためのサイト

アルコールに頼る寝酒は不眠の悪循環を招く

9af6b53a90da4134acbe38f2aba6e069_s
眠れない夜にお酒の力を借りている人は要注意です。アルコールは確かに眠りやすくなるのですが、寝酒は基本的にオススメ出来る不眠対策ではありません。

お酒は一過性の効果しかない

a07082f3d3070ab64dbfdeea4ea42e9e_s
お酒を飲むと確かに眠りやすくなります。お酒を飲むことで交感神経が抑えられ副交感神経が優位に立ち睡眠を促してくれるのですが、残念ながらお酒による入眠効果は一過性の効果しかありません。

1日目はお酒によって眠ることが出来ても翌日再び眠れない夜がやってきた時、おそらく1日目と同じようにはいかないでしょう。もちろん数日上手くはいってもお酒を寝酒として使っていくうちにお酒による入眠効果は薄れていきます。

これはお酒による入眠作用に耐性が出てしまい、次第にお酒が効かなくなるのです。そうなると、多くの人はお酒の量を増やします。今までは1杯飲むだけだったのが次第に2杯、そしてそれでも効かなくなってくるので3杯、4杯へとどんどんアルコールの量が増え、アルコールへの依存度が高まっていくのです。寝酒はアルコール依存症、アルコール中毒に陥る可能性がありますので、眠るため飲酒である寝酒はオススメ出来ません。

アルコールは睡眠が浅くなる

cc811e2d89de5740efc9e02237ef65ca_s
アルコールは入眠効果があったとしてもその効果は数時間で薄れてしまい、逆に覚醒作用が働き睡眠が浅く夜中に目覚めてしまうことが多いです。さらに、アルコールによる利尿作用も重なって夜中に目が覚めるケースが多くなり、知らず知らずのうちに夜中に目が覚める中途覚醒という不眠症に陥ってしまうのです。

いくら入眠することが出来ても睡眠が浅く夜中に何度も何度も目覚めてしまうようでは長くベッドで寝ていたとして睡眠不足の状態になり、日中に強い眠気に襲われたり、疲労感が溜まっていき、無気力になるなど日常生活に支障が出てきます。

寝酒は反跳性が高い

4332b1f0a2c2404061542f554d53bb6b_s
睡眠薬を怖がる人は、睡眠薬の反跳性を気にしている方も多いと思います。反跳性とは、睡眠薬を飲んでいると、急に睡眠薬をやめてしまうと前より酷く不眠症に陥ってしまうことを指します。実はこの反跳性は睡眠薬よりも寝酒の方が強いといわれています。

寝酒は寝酒をし始めるとお酒なしには寝れなくなり、お酒を飲まない日は寝酒を始める前よりもひどく寝付きが悪くなったりすることが多いので、このような点からも寝酒は注意が必要です。

いびきや無呼吸

cab01777d3c9ad68269cfc3686945eed_s
お酒を飲むといびきがうるさくなりやすいです。お酒を飲むと筋弛緩作用により筋肉がゆるみやすくなります。お酒を飲み気道周辺の筋肉がゆるむことで舌根がたるんで気道を狭くしてしまうことで、いじきがうるさくなります。いびきは狭い気道を通ろうとする際に起こるため、お酒を飲むとうるさくなりやすいのです。

また、気道が狭くなり気道がふさがると無呼吸状態に陥ります。無呼吸は酸素が脳に届かなくなるため危険です。特に日ごろから気道が狭い方や無呼吸症候群の方は寝酒により、さらに気道が狭くなることで睡眠中に死に至る可能性もあります。

サイドメニュー