睡眠に悩んでいる方のためのサイト

人とのスキンシップを図ることで体内時計が整う

980adaa7340ca295f267e6ef20277430_s人とのスキンシップを図ることが不眠症を解決することがあります。スキンシップを図ることで、睡眠の質を高めることにもなりますので、意図的に会社の同僚や学校の友達、家族とのコミュニケーションを図るようにしましょう。

スキンシップが体内時計をリセット

b5f5a9e576552e24b2f1e4934acdb353_s
体内時計をリセットさせるものの代表例が朝の太陽の光です。太陽の光を目で感じることにより体内時計がリセットされ1日のリズムが整うのですが、体内時計をリセットしてくれるのは太陽の光だけではありません。

人とのスキンシップを図ることも体内時計をリセットし、1日のリズムを整えるのに寄与するのです。スキンシップは直に肌で触れ合うことだけがスキンシップではありません。会社の同僚や学校の友達、家族とあいさつを交わしたり、何気ない会話をするだけで十分なスキンシップになるのです。

特に体内時計をリセットさせるなら朝が効果的ですので、朝の出勤時や通学時に些細な挨拶や会話で良いので、スキンシップを図ってみましょう。仕事を定年退職された方は朝の散歩時に連れ違った人に軽く挨拶をするだけでもいいです。そのちょっとしたスキンシップでも体内時計をリセットさせるのに効果があります。

高齢者はスキンシップで不眠が解決することが多い

c68f84a858e28a0ae221130beaaba9a9_s
定年退職を迎えた高齢者の方は特にスキンシップによって不眠症が改善されるケースが多いです。会社を退職してしまい社会とのつながりが薄まり、普段の生活の中でのコミュニケーションが減ってしまい不眠症を患ってしまっている高齢者の方は老人ホームや病院に入院することで施設のスタッフや看護師、入居者とのスキンシップを図ることで自然と不眠症が改善されてしまうということが良くあるのです。

定年退職を迎えてから中々寝付けない、眠りが浅いと感じている方は、積極的に外に出てコミュニケーションを図ってみてください。散歩で軽く挨拶するだけでも良いですし、スーパーの買い物の時にちょっとした雑談をしたり、店員さんに声をかけてみるだけでも気持ちが落ち着き夜の寝付きが良くなるかもしれません。

また、体が元気な方は定期的に開催されるような地域のイベントに参加してみると良いでしょう。定期的に人と会う機会が増えれば会社にいたころのように社会との繋がりに安心感が生まれ夜寝付けない時に心に抱えてしまっていた不安も吹き飛ぶかもしません。

人とのかかわりが少ない仕事をしている人

9ed7bcb23741bfbfb0e414f0296fb8f9_s
自営業で仕事をしている方や同僚やお客さんとのかかわりが少ない仕事の方は、仕事上でスキンシップを図るのは難しいので、仕事以外の場面でスキンシップが図れるように工夫してみましょう。

ジムに通ってみればジムに通う仲間やジムスタッフとのスキンシップが生まれますし、地域のボランティア活動に参加するようになればそこでまたスキンシップが生まれます。スキンシップがないと知らず知らずのうちに社会との繋がりのなさからくる不安感・孤立感から寝付けない、不眠という状況に陥ってしまいがちですので、ぜひスキンシップを図れるようにしてみましょう。

サイドメニュー