睡眠に悩んでいる方のためのサイト

寝る前のスマホやPCの操作は睡眠ホルモンの分泌が減る

05f32b088d88872c7c8117ca19909d88_s

寝る前までスマホや携帯電話で友人とメールのやり取りをしたり、パソコンで仕事をしたり動画を見たりするのは夜になっても眠れない原因になります。スマホやPCの操作を夜にしてしまうと睡眠ホルモンの分泌が抑制されてしまいます。

スマホやPCによる悪影響

睡眠ホルモンが減る

5f049cfb466a8553675861662f89b52e_s

寝る前にスマホやPCをいじるのは睡眠ホルモンの減少や分泌のストップを招きます。スマホやPCはLEDライトと呼ばれる青色の波長をもつ光を放ちます。これはブルーライトと呼ばれるのですが、このブルーライトが睡眠ホルモンの減少を導くのです。

夜になると睡眠ホルモンであるメラトニンが脳内に分泌されることで眠気が起こり、分泌が増えていくことで深い眠りに付くことが出来ます。しかし、スマホやパソコンによるブルーライトは睡眠ホルモンメラトニンの分泌を抑制してしまいます。

なぜならそもそも太陽の光は青い波長の光を含んでいるのです。太陽の光を見ることで脳は目覚め日中に活動しやすいように体が整うのですが、夜にこの太陽と同じような青い波長の光を見ていると脳が夜ではなく昼間だと錯覚して睡眠ホルモンの分泌を抑制させてしまうため夜にブルーライトを浴びるとメラトニンの分泌が抑えられ眠りの質が落ちるのです。

そのため、夜は出来るだけスマホやパソコンの操作をしないことが大切です。スマホやパソコンの液晶ディスプレイから発せられる光は入眠の妨げや深い眠りの妨げになりますので最低でも寝る1,2時間前には触らないようにしておきたいところです。

操作自体が脳を覚醒させる

97f48d0b5bd793e8fe8e58f3227ed738_s

スマホやパソコンによるブルーライトが入眠を妨げる大きな原因になりますが、そもそも操作自体が入眠を妨げてしまう原因にもなっているのです。

スマホで友人とラインでやりとりをしたり、SNSでみんなの近況をチェックしたり、動画やニュースサイトをチェックしたりするだけでも脳は休息に向かっているところから覚醒へと引き戻されてしまいます。例えば、ニュースサイトで大きな事件があったとします。それを見つけて、無意識のうちにでもなぜそのようなことが起きたのか、もっと詳細のことが知りたいなど好奇心がくすぐられて脳がどんどん冴えていってしまいます。

ラインのやり取りでも返信内容を色々考えている内に脳が冴えて眠るのに支障をきたす覚醒状態になってしまいますので、ブルーライト以前に操作自体が睡眠を妨げる原因となっています。

最低限やっておきたい対策

画面の明るさは出来るだけ暗く設定する

f4535ad1f853a89d27d1d85e4a72a474_s

スマホやパソコンをどうしても寝る前に操作したい場合は出来るだけ画面の明るさを暗くしてください。スマートフォンの明るさは暗くすることで5ルクスぐらいの明るさまで落とすことが出来ます。このぐらいの明るさであればメラトニンの分泌を抑制を緩和させることが出来ます。

いつもスマートフォンの明るさを自動調整のまま設定している方は夜の操作にしては画面の明るさが明るいので、出来るだけ明るさを暗く設定してください。もちろん理想は操作しないことですが、画面を暗く設定するだけでも多少なりとも睡眠への影響を緩和することが出来るのでやってみると良いでしょう。

プルーライトカットのメガネを使う

0d1382cfebd6726c12a1a03320f53827_s

夜遅くまでパソコンで仕事をしているという方は出来るだけブルーライトカットのPCメガネを使ってみてください。PCメガネによってブルーライトをカットすることが出来ればブルーライトによるメラトニンの分泌の抑制を緩和させることが出来ます。

また、パソコンで動画を見たりネット閲覧をするという方も夜の時間帯はブルーライトカットのメガネを使う対策がオススメです。ブルーライトは30分以上見ることでメラトニンの分泌に大きく影響しますので、夜に30分以上パソコンを使うという方はPCメガネは有効です。そして、スマホ同様にこちらも明るさを抑えることが大切です。

サイドメニュー