睡眠に悩んでいる方のためのサイト

豆電球の明るさであっても寝る時は消して真っ暗が良い

986db3d2cf7064aebe1263ae31bd0564_s
夜寝る時は出来るだけ真っ暗の方が睡眠の質を下げないことに繋がります。ぐっすりと快眠を得るためには少しの光も邪魔になりますので豆電球で消してしまいましょう。

夜の光は睡眠の邪魔になる

a6cf33db786c2f69674ff3dd9d6ebfad_s
夜に光を見ることは睡眠が妨げられる大きな原因になります。人はそもそも朝は光を見て夜は光を見ないのが普通です。朝太陽が昇ってきて太陽光を浴びることで目が覚め夜は太陽が沈み真っ暗になることで眠りに就きます。それが電気の開発によって夜でも昼間のような光を得られるようになり生活が快適なったのですが、その光が睡眠を妨げてしまっています。

夜に光を見ると脳内で分泌されるはずの睡眠ホルモンメラトニンが分泌されなくなります。夜に真っ暗になり光がなくなることで脳内からメラトニンが分泌され目覚めている状態から体が睡眠モードへと切り替わっていくわけですが、それが夜の光によって正常に機能しなくなり夜でも眠れない或いは眠りが浅くなり翌日の寝不足に繋がってしまうのです。

そういった状況にならないためにも出来るだけ夜は寝室を真っ暗な状態にすることが大切です。ちょっとした光でも睡眠の質を低下させてしまう原因になりますので、寝る時に明かりを付けている人はもちろんのこと、豆電球をつけている人も出来るだけ豆電球を消して寝るようにすると良いでしょう。

サイドメニュー