睡眠に悩んでいる方のためのサイト

徹夜中であっても睡眠を削ってはいけない時間帯がある

eec70b5fbd3df3e731cf9497e698f703_s
私たちにとって最も眠気を感じる時間帯があります。それが深夜2時から4時あたりです。この時間帯は1日の中で一番眠気がピークを迎えます。この時間帯は、いくら徹夜中で大切な仕事をしていたとしても、もったいないと睡眠を削ってはいけません。

2時から4時に眠気のピークが来る

501f5983f30665eb4b2241d72a83b893_s
生体リズムにより人には強い眠気が催される時間帯が2つあるといわれています。その一つ目は13時から14時当たりです。そのため、この時間帯には昼寝をすることが効果的です。また、もう一つは深夜2時から4時の時間帯です。

2時から4時に眠気のピークを迎えるのは、生体リズムによりやってくるという理由と、もう一つが深部体温が一番低くなる時間帯だからです。この時間帯は深部体温が一番低くなっており、眠りに一番適した体内環境になりますので、強い眠気が起こるのです。

この時間帯であれば朝起きて夜眠る人であれば眠っている時間帯ですので、さほど問題はないのですが、なかなか寝付けない人、昼夜逆転してしまっている人、交代勤務で深夜勤務をしている人は強い睡魔に襲われていても眠ることが出来ないという状態にあります。ただ、それでもこの時間帯に眠っておかないと作業ミスをしてしまったり、翌日の調子の悪さに響いていき不眠症を招くことになりますので、しっかり睡眠はとりましょう。

徹夜をしてても寝る必要がある

fcd6982f5c1d3684b9ad0a19a26cd069_s
どうしても仕事の都合上徹夜をせざるをえない場合、最悪でも2時から4時の間は睡眠を取りましょう。人は眠気が襲ってくると集中力が下がります。集中力が下がってしまった状態ではどれだけ頑張っても作業効率は下がります。徹夜で仕事をしている人はビールを1杯飲んだ状態つまり酒気帯びの状態で仕事をしているようなものですので、大きな成果は見込めません。

徹夜をされる方はどうしても朝までに仕上げないといけない仕事があるから徹夜をしているのだと思いますが、それでも最低30分ほどは2時から4時の間は睡眠をとってください。この睡眠を取るかとらないかによって成果は大きく変わってきます。眠気のピークを迎える時間帯は少しでも睡眠を取らないと大きく注意力が散漫し成果が思っている以上に出ません。

交代勤務で深夜勤をしている時

67cc3bb01006479c584a16b5eec19b28_s
交代勤務制で深夜勤をしている人は看護関係、工場関係、IT関係の方に多いと思います。深夜勤では勤務時間ですので、勝手に睡眠を取るというのは出来ないと思いますので、少しの時間でも脳を休ませるようにしましょう。10から15分ほどの休憩がとれるのであれば、その時間は仮眠に使いましょう。

また、仮眠を取るのが難しい場合は5分ほどの時間でも良いので、目をつむる時間を見つけましょう。たとえ短い時間であっても目をつむる時間を何度も設ければ脳は休める時間を持てるので、作業効率を落とさないように出来ますし、深夜勤者に多い入眠障害や中途覚醒などの睡眠障害を防ぐことにもつながります。

昼夜逆転の生活になっている時

b4178638b78bb3810a27d5e46c248aa1_s
昼夜逆転してしまって本来眠気のピークを迎える2時から4時あたりになっても寝付けない、明け方を迎えるまで眠れないという方は、体内時計や概日リズムが狂っている可能性がありますので、少しづつ、ずれを治していく必要があります。

リズムが狂っている場合は、少しづつ眠る時間を遅らせていく方法が効果的です。朝5時まで眠れない人は、1,2時間ずつ眠る時間帯をずらしていき、徐々に寝る時間帯を夜11,12時当たりに持っていきましょう。もちろん寝る時間を少しづつ早める方法もありますが、人は基本的に寝る時間帯を遅らせていく方が体内時計の周期から考えて合理的ですので、遅らせる方が楽なんです。そのため、時間はかかりますが寝る時間を遅らせて少しづつ正常なリズムに戻していきましょう。

サイドメニュー