睡眠に悩んでいる方のためのサイト

冷え性の方は手足を温めるだけで眠れやすくなる

e1772cb6aac6cfeda16f80119cedbc90_s
眠れなくて困っている時は手足を温めてください。特に手足が冷えてしまっている方や冷え性の方は手足を温めることで寝付けない問題が解消されることがあります。

手足を温めることで深部体温を下げる

c0f212b1a83d7a933acbca98f3a2ecf4_s
人は寝るためには深部体温が下がる必要があります。深部体温が中々下がらない状況ではうまく寝付けません。寝付けない方は深部体温が下がりにくくなっている可能性があります。

その原因として手足の冷えです。深部体温が下がっていく時、内部の体温を下げるため手足の表面の皮膚から熱を逃がすために放熱が行われ手足は暖かくなります。眠くなってきた赤ちゃんの手足を触ってみると暖かいのは放熱を行って深部体温が下がっているためです。そのため、赤ちゃんの手足が暖かくなってきたら眠気が出てきたサインだと良く言われます。

大人も赤ちゃんと同じように深部体温を下げるために手足から放熱を行います。しかし、手足が冷えてしまっていては血管が収縮して放熱が行われなくなり内部の温度が下がりにくくなってしまうのです。冷え性で末端の血液の流れが悪くなっている方は冷え性が原因となり入眠できない不眠に悩む方が多いです。

そんな手足の冷えによる眠れない夜を改善するため、手足を温めてあげて血管を拡張させ放熱させやすいように、深部体温が下がりやすいようにしてあげることが大切です。

洗面所や浴室で手足を温める

bc2034fd963a355633d66b6d409e64a6_s
どうしても眠れない時はベッドから起き上がり洗面所や浴室に行ってお湯で手の裏、足の裏を重点的に温めてあげましょう。お湯で温めてあげることで、収縮してしまっていた血管が拡張し、放熱が行われやすくなります。一旦体を温めることになりますので、すぐに寝付けないかもしれませんが、温めた手足から正しく放熱が行われれば深部体温が下がるにつれ眠気が襲ってくるはずです。

また、寝る時に靴下を履いている人は靴下を脱いでください。足首までのレッグウォーマーであれば足を温め放熱が行われやすくなるのに役たちますが、足裏まですっぽり隠れてしまうふつうの靴下は放熱が妨げられます。

靴下を履いたまま寝ようとして知らず知らずのうちに靴下が邪魔に感じ靴下を脱いでいたということは今までに誰でもあると思いますが、これは体が自然と足裏から放熱しやすいようにした結果です。そのため、足裏まで隠れているふつうの靴下は脱いでベッドに入りません。

サイドメニュー