睡眠に悩んでいる方のためのサイト

眠れないなら眠るのを諦めて思い起き上がってみる

f86eb35a6d5487844cc8bce341788f17_s
どうしても眠れない夜は誰にでもやってきます。普段から規則正しく生活をしていても何等かの要因によって夜に寝付けなくなるときがあるのです。そんな時はいくらベッドで頑張っても眠れません。頑張って眠れればそれで良いのですが、いつまでもベッドで頑張っていても余計に眠れなくなることもありますので、一度ベッドから立ち上がってみるのも一つの手です。

眠ろうと頑張ることが眠気の邪魔になる

31166b44896b725d14b63eaba39a5011_s
眠れない夜に頑張って眠ろうとしても眠れない経験は誰にでもあると思います。一生懸命に頭の中でなんとか頑張って寝ようといろいろ考えれば考えるほど脳が覚醒してしまって眠れなくなります。

また、頑張って寝ようとしてるのに寝付けないということがストレスとなります。そのストレスはストレスを抑えようとするホルモンの働きにより余計に寝付きが悪くなります。さらに眠れない状態でずっとベッドで一人で真っ暗な中横になっていると眠れない自分への不安感も増していきます。「なんでなむれないのだろう」「自分は寝ることも出来ないなんてダメだな・・・」と眠れないことが不安になり、眠れないストレスと相まってさらにさらに眠れなくなっていきます。

眠ろうと頑張ることは逆に眠りを妨げることになりますので、どうしても眠ることが出来ない時は頑張るのをやめてみてください。

思い切ってベッドから起き上がる

d15beeecc57cf37801ff0370eef56374_s
いくら頑張ってみても眠れない時は眠れません。夜遅くにご飯を食べてしまったり、夜遅くに激しい運動をしてしまった時なんかは体温が上がってしまっているので寝付きが悪くなります。また、仕事でいやなことがあったりストレスが溜まっている状態でも夜の寝付きは悪くなります。

どうしても眠れない時は思い切ってベッドから起き上がって好きなことをしましょう。好きなことをしている内に次第に眠れるようになるかもしれません。眠れない夜に寝るのを辞めてなにかをしていたら知らない間に眠くなっていたなんて経験はありませんか。寝るために頑張るのをスパッとあきらめることで気持ちが楽になり、好きなことをすることで次第に脳も体もリラックス出来る状態に導かれ、勝手に眠気がやってくることがありますので、一度頑張って寝ることを諦めましょう。

それに、もし眠れなくても大丈夫です。1日ぐらい眠れない日があっても問題ありません。1日眠らなくても睡眠のリズムは簡単には狂いません。眠れなかった翌朝からは普段通り活動していればその日の夜はグッスリ眠れるはずです。

サイドメニュー