睡眠に悩んでいる方のためのサイト

加齢とともに睡眠の質が落ちるのを防ぐ方法

1bdeffe6d24e4f5008071dc0df27908e_s
年を重ねるごとに睡眠の質は落ちていきます。人はどうしても加齢による睡眠の質の低下を完全に防ぐことは難しいです。ただ、それでも睡眠の質を低下させず十分な睡眠を確保して充実した生活を送れている方はたくさんいらっしゃいます。

日々やりがいや達成感を得ることが大切

63a95363c41d90a23a1d0722cf7366ab_s
年齢とともに低下してしまう睡眠の質。その睡眠の質の低下は日々の充実感の低下にもつながります。睡眠の質が低下するということは睡眠が浅くなり十分な時間眠ったとしても寝不足を招きます。寝不足になってしまうとどうしても日中の活動量が下がってしまいますので、若い頃に比べて日々の充実度も下がってしまうというわけです。

そんな加齢による睡眠の質の低下や日々の充実度の低下を防ぐためにも大切なことがあります。それは、日々やりがいや達成感を得られることを見つけることです。特に定年退職を迎え日中にすることがなくなってしまった方なんかは今まで必死に仕事に向かっていた時間帯がポッカリと空いてしまい何をして時間を過ごせば良いのか途方にくれてしない傾向が強いので、なにか自分が充実感を得られるようなことを見つけてみてください。

年を重ねても日々健康的で元気に過ごせている方は小さなことであっても日々達成感ややりがいを感じることが多いです。そのような日々のちょっとしたやりがいや達成感は心の健康に繋がり睡眠の充実にもつながります。定年退職を迎えても元気な方は自分の趣味に没頭してそこで自分の設定した目標を達成させたり、地域のボランティア活動に参加し社会とかかわり社会に貢献することで大きなやりがいを感じていたりというケースがたくさんあります。そのため、定年退職を迎えすることがなくなってしまったという方は自分が没頭出来る趣味を探してみたり、やりがいを感じられるような地域の活動に参加してみると良いでしょう。

日中に達成感を感じたり、やりがいを感じたりすることで自然と夜にグッスリ眠れるようになります。日中の活動量が増えれば自然と体が適度な疲労感から眠気に誘われます。体も適度に疲れ心も充実した状態ですので、眠りが浅くならず深い質の高い睡眠を得られるのです。

社会との関わりを積極的に持つ

adeef3854b49772a1435c6e98826bbad_s
社会とのかかわりは大切です。若い頃は学校や会社に属することで自然と社会とのかかわりが維持出来ますが、定年退職を迎えると一気に社会との関わりがなくなってしまうことが多いです。

人は誰かに頼られたりすることで自分の存在意義が確認出来たり、人に頼ったりすることで心にあるストレスが軽減され不安から安心の状態に変わり心の健康を保つことが出来るのです。心の健康を保つことは夜に十分な睡眠を得るために大切なことです。

社会との関わりがなくなってしまうと自分の存在意義を見失ってしまったり心が不安定な状態になってしまったり心の健康が阻害されてしまうことがあります。そのため、定年退職を迎えた方は出来るだけ社会との関わりが薄れてしまわないためにも自ら社会とかかわっていけるような対策を取りましょう。定年退職後に再就職をしても良いですし、地域の人が集まるような集会に参加してみたりするのも良いです。

人とのスキンシップは1日のリズムを図っている体内時計を調整してくれる役割も担っていますので、社会との関わりを増やし人とのスキンシップを図ることで体内時計を崩すことなく睡眠の質を高めることが出来ます。

サイドメニュー